重度医ケア児訪問保育エレノア エレノアの利用申し込みフォーム

フローレンスの障害児保育・支援

ともに、自分らしくいきられる未来へ

ともに、自分らしくいきられる未来へ

”障害児がうまれたら人生終了って思ってた。
ひとりでは立ち上がれなかった。
こんな風にはたらける日が来るなんて思ってもみなかった。”

これは、『障害児かぞく「はたらく」プロジェクト』に参加した
ある医療的ケア児のおかあさんの声です。

いつのまにか「はたらく」をあきらめてしまっていた障害児のかぞくたちと、
ともに船に乗り、ともに海原に漕ぎ出し、
一人でも多くのクルーたちが、
キラキラした「もう一度はたらく」機会を手にできるように。

医療的ケア児の保護者が抱える社会課題

障害児・医療的ケア児の保護者は、お子さんの誕生を機に心理的・物理的負担感から離職するケースも多く、その後、再就職を希望しても、様々なハードルが要因で、「もう一度はたらく」が困難な状況に置かれています。

【社会的な価値観のハードル】

  • 職場、家族、友人から「子どもに障害があるのに、働きたいの?」と言われた

【身体的・心理的なハードル】

  • 昼夜問わず続くケアの中で、仕事や自身のスキルアップのためのまとまった時間を作れない
  • 子どもの体調が安定せず、仕事に穴を開けてしまうことに不安を感じる
  • ブランクが長く、前職に戻ることが難しい。キャリアチェンジを余儀なくされる
  • ケアを行いながら働くことに、体力的にも精神的にも不安を感じ、一歩を踏み出せない

【子どもを預けることへのハードル】

  • 医療的ケアが必要な子どもを預けられる場所が少ない
  • 離職しているため、働いていることを前提にした保育サービスを受けることが難しい

医療的ケア児の子育てでは、継続的な通院・入院に伴う交通費を負担したり、毎日のケアに必要な物品を自費で購入するケースも多くあり、金銭的にも非常に厳しい状況に置かれる場合もあります。

障害児かぞく「はたらく」プロジェクトとは

私たちが目指す社会

ビジョン

障害児の親が「はたらく」に一歩踏み出し、
家族みんなが自分らしく人生を歩める、
しなやかで躍動的な社会

ミッション

障害児の親にキラキラする「はたらく」機会を。
子どもたちにワクワクする経験を

障害児の親が自分らしく輝いていることは、お子さんにとってもうれしいこと。そして、保育の時間は、お子さんにとって新たな世界が広がる豊かな経験となる。わたしたちは、そんな風に考えています。

一度離職した障害児かぞくが「もう一度はたらく」に一歩踏み出すために、2本柱をご提供しています。

  • 保護者が安心して再就職までの助走期間を過ごせる1日3-4時間✕週4日の「ワークアゲイン・プログラム
  • 保護者がプログラムに参加している間、お子さんがワクワクした時間を過ごせる保育環境
障害児かぞく「はたらく」プロジェクトの2本柱、ワークアゲイン・プログラムとフローレンスの障害児保育

保護者の方は「ワークアゲイン・プログラム」

ワークアゲイン・プログラムの様子がわかるパソコンを操作する女性

キラキラする「はたらく」機会を。

1年間「もう一度はたらく」に向けて助走するためのプログラムにご参加いただきます。

お子さんはフローレンスの障害児保育

フローレンスの障害児保育の様子がわかる保育の様子

ワクワクする経験を。

保護者が「ワークアゲイン・プログラム」に参加している間、安心・安全を大切に、一人ひとりのお子さんに合った保育を実施します。
(※ 保育サービスへの利用申し込みが必要です)

ワークアゲイン・プログラム

一度離職した医療的ケア児保護者の方に、1年間フローレンスにて実務を経験していただくことで、PCスキルやライティングスキルなど、これからのキャリアに役立つようなスキルを身につけていただく再就職支援プログラムです。

  • 安心して再就職までの助走期間を過ごせるよう、無理のないペースで業務に取り組んでいただけます。
  • 保護者の方がプログラムに参加されている間、看護師がご自宅を訪問、お子さんを安心・安全にお預かりし、保育を提供します。
活動時間・形態
1日あたり3-4時間、週4日間勤務
活動内容
フローレンス社内での事務作業や記事の執筆 等
サポート体制
・PCスキル研修の実施
・トレーナーによる実務トレーニング伴走(事務業務、記事作成など)
・適宜キャリア相談を実施

3つの特徴

  1. スキルアップ
    • オンライン講座受講(主にWord、EXCEL、PowerPoint)
    • 実務トレーニング(フローレンス内の事務、記事作成などを担当します)
    • お子さんの体調によって安心してお休みしていただけるよう、実務はチームで請け負う仕組みにしています
  2. キャリアビジョン構築・確立
    • 適宜キャリア相談を実施
    • トレーナーとの月1回の面談 * ほか社内/社外インターン、参加者同士のオンラインコミュニティの形成などを企画中
  3. 社会の価値観を変える活動
    • 医療的ケア児の親があたりまえに働ける社会の実現に向けてのアプローチを通じ、課題発見力・企画・実行力などを磨いていきます。

ワークアゲインプログラム パイロットユーザー(テストユーザー)の声

「出会い」には、落胆を希望や可能性に変える力がある。
  • 今まで病院でしか勤務経験がなく病院以外で働くことは想像すらしていませんでしたが、ワークアゲイン・プログラムに参加して新たなスキルを身につける時間と機会をいただき、いろんな働き方ができるかもしれないと希望が持てました。
  • 出産後、人との関わりは毎日の訪看や病院などで接する人に限られていました。このプログラムに参加することで、社会との繋がりを再び実感すると共に、様々な経歴を経てフローレンスに務めている方々や、いろいろなはたらき方があることを知り、今の自分に合ったキャリアを考えるきっかけになりました。
  • 日本の医療的ケア児を取り巻く環境には落胆することも多かったのですが、フローレンスで、社会課題に対する挑戦を間近で見ることで、私自身も当事者として「医ケア児のかぞくがもっとはたらきやすい社会に変えていきたい!」という気持ちが強くなりました。
  • ひとりで一歩踏み出すことは、とても難しいけれど、「仲間」がいれば実現できる! 自分だけではなく、他の医療的ケア児かぞくの「はたらく」も応援したい!と思うようになりました。

「もう一度はたらく」を実現するフローレンスの障害児保育

重度医ケア児訪問保育エレノアの象徴となる看護師と保護者とお子さん
重度医ケア児訪問保育エレノアのロゴ

重度医ケア児訪問保育エレノア

重度医ケア児訪問保育エレノアは、看護師が医療的ケア児宅を訪問し、一人ひとりのお子さんに合った保育を提供することで、お仕事を離れている保護者の「もう一度はたらく」の実現をサポートするサービスです。人工呼吸器や気管切開などの医療的ケアにも対応しています。

重度医ケア児訪問保育エレノア ウェブサイト

※ 現在、『障害児かぞく「はたらく」プロジェクト』に対応している保育サービスは「重度医ケア児訪問保育エレノア」のみとなります。

※ ご利用希望の方は、「重度医ケア児訪問保育エレノア」ウェブサイトからお申し込みください。

ロゴへの想い

一緒なら、どこへでも行ける。決められた道ではなく、自分らしく、進みたい方へ。そんな想いを込めて、海を旅する船をモチーフにしました。船の前を行くのは、勇気を持って社会を変えていくファースト・ペンギンです。誰しもが自分らしくいきられる社会を、障害児の保護者みずからが創っていくのだ、という気持ちを表しています。

*「ファーストペンギン」とは、ペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ魚を求めて真っ先に飛びこむ、1羽のペンギンのことです。そこから、前人未到の分野に勇気をもってチャレンジする人、最初に行動を起こす人のことを、尊敬の念をこめて「ファーストペンギン」と呼びます。

お問い合わせ

重度医ケア児訪問保育エレノアのウェブサイトに表示されている看護師と保護者とお子さん

利用希望者

ご利用希望の方

ご利用希望者の方は、「重度医ケア児訪問保育エレノア」のウェブサイトからお申し込みいただけます。

※ 現在、『障害児かぞく「はたらく」プロジェクト』に対応している保育サービスは「重度医ケア児訪問保育エレノア」のみとなっております。

重度医ケア児訪問保育エレノア
保育現場の看護師とお子さん

採用情報

採用情報

障害児かぞく「はたらく」プロジェクトに仲間入りしてくださる看護師を募集しています!
小児看護の経験を活かしたい方、一緒に医療的ケア児保護者の「もう一度はたらく」、そして、医療的ケア児たちの「ワクワクする経験」を実現しませんか?

採用情報

関連記事

運営団体 フローレンスについて

運営団体
フローレンスについて

  • 団体名称
    特定非営利活動法人 フローレンス(認定NPO法人 フローレンス)
  • 所在地
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町ビル 4F
  • 電話番号
    03-6811-0907(障害児保育事業部)

代表メッセージ

子どもに障害があるというだけで母親たちが働けない、そんな不公正な社会をこの事業によって変えていきたい。いや、変えていけると思っています。そして、すべての子どもたちに温かな保育の光が降り注ぐ、そんな社会にしていきたいです。