3つの障害児保育

募集職種

利用可能エリアが拡大し17区に!障害児訪問保育アニー荒川区の医療的ケア児・障害児も対象になりました!

2020.05.02

こんにちは。

認定NPO法人フローレンス採用担当の寺井です。

 

重症心身障害児や、たんの吸引、経管栄養、経鼻栄養、胃ろう、腸ろうなど医療的ケアの必要な子どもたちのお宅に保育スタッフが伺い、マンツーマンで日中の保育を行う「障害児訪問保育アニー」。

 

2015年にサービスインしてから利用対象エリアを拡大していき、これまで東京都23区のうち16区で展開してきました。アニーが保育を提供したお子さんはこれまでのべ66人で障害児訪問保育として全国最多となります。

 

このたび、新たに対象エリアを荒川区へ拡大し、お子さんをお預かりできることになりました!

 

障害児訪問保育アニーは、障害があったり、医療的ケアが必要なことを理由に、地域の保育園に通えないお子さんにご自宅で保育を提供し、保護者の就労などを支援しています。

 

保育中の様子

 

ご利用者からの声

 

あらた君:たんの吸引、一時経管栄養の医療的ケアが必要で、6歳までの3年間アニーを利用。お母様は無事職場に復帰することができました。

アニーを利用する前は地域での受入れ先がなく、1日中母子二人きりで過ごしていました。

利用後は息子は先生に毎日色々話しかけてもらってきたおかげで、今では声をよく出し、よく笑い、表情もとても良くなったと感じます。

先生が大好きで、ちょっとわがままを言ってみたり甘えたりする様子もあり、コミュニケーションの幅も広がってきたと思います。

 

親にとっても、担任の先生に相談する事ができて、精神的な支えになっていただきました。

 

 

フローレンスの障害児保育事業について

 

障害の有無に関わらず、すべての子どもが保育を受けられる社会を目指して、2014年は施設型保育事業の障害児保育園ヘレンを開園。翌年、居宅訪問型保育事業の障害児訪問保育アニーをサービスインしました。

 

2019年度までにお預かりしたお子さんは、ヘレンはのべ89名、アニーはのべ66名になりました。

 

このうち、アニーの利用対象地域は、東京都23区のうち16区(千代田区、港区、新宿区、台東区、品川区、渋谷区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、文京区、中野区、目黒区、中央区、江東区)で展開。今回、さらに荒川区が加わりました。

 

気管切開や経管栄養(胃につないだチューブで栄養を取る)など、何らかの医療的ケアを必要とする子ども「医療的ケア児」は、全国で約18,000人いるといわれています。まだまだ医療的ケア児を受け入れられる地域の保育園は少なく、保護者がつきっきりで24時間介護をする状況にあります。

 

子どもに障害があっても、仕事を諦めなくてよい社会になるように。今後もこうした子どもたちの保育の受け皿となれるよう、フローレンスは活動してまいります。

 

フローレンスで一緒に働きませんか?

障害の有無に関わらず、すべての子どもが保育を受けられる社会を目指してフローレンスでお仕事を始めてみませんか?

 

フローレンスではオンライン動画説明会を実施しています。

詳しいお仕事内容などについてお仕事内容を説明しておりますのでぜひお申し込み下さい!

 


【申し込みはこちらから】


 

みなさんからのお申し込みお待ちしております!

 

説明会に参加する

障害児訪問保育アニー、障害児保育園ヘレンのお仕事に興味がある方はお気軽にご参加ください。服装自由・履歴書不要です!

直接応募する

説明会への参加がむずかしい方、「今すぐ働きたい」とお考えの方は、こちらから直接ご応募ください。

     
       

最新情報をお届けします!

    説明会情報やスタッフへのインタビュー記事など最新のお知らせをLINEで配信しています。

     

お問合せ

ご不明点がある方、まずはご相談されたい方は電話かフォームからご連絡ください。